• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ

ホーム > かながわブランドの紹介 > かながわブランドとは? > かながわブランド登録品一覧

かながわブランドの紹介

かながわブランド登録品一覧

知って、食べて、納得。

令和元年12月までのかながわブランド産品を紹介します!(令和元年12月以降に登録されたかながわブランドは、下に掲載してあります。)

かながわブランドパンフレット
パンフレット(PDF)
かながわブランドリーフレット補遺版
リーフレット:平成30年9月から令和元年12月登録分(PDF)
かながわブランドリーフレット
リーフレット(PDF)

新しく登録されたかながわブランド!

令和元年12月以降に新たに仲間入りした「かながわブランド」産品を紹介します!

よこはま羽沢レタス

よこはま羽沢はざわレタス (品目:レタス

  • 産地:横浜市
  • 販売時期:3月中旬から5月中旬

セールスポイント

有機質堆肥の利用と生産記録の記帳徹底により育てた、葉がふっくらと巻いた適度な重さがあるレタスです。新鮮でシャキシャキとした歯ごたえと甘さを消費者に味わってもらうため、早朝に収穫し、保冷して出荷しています。生野菜サラダとしてだけでなく、茹でても炒めても、鮮やかな黄緑色の葉色が他の料理を引き立てます。


さがみのトマト

さがみのトマト (品目:トマト

  • 産地:藤沢市、茅ヶ崎市
  • 販売時期:2月から7月

セールスポイント

完熟系の品種を使い、農薬などの使用を減らした環境保全型農業を実践しています。県内農協で唯一の共同選果場で、品質の高いトマトを選別し出荷しています。熟してから収穫するため、甘みと酸味のバランスが良いトマトです。


湘南梨(さがみ)

湘南梨(さがみ) (品目:なし

  • 産地:寒川町、大和市、綾瀬市、海老名市
  • 販売時期:7月下旬から9月下旬

セールスポイント

湘南梨連合会では、栽培講習会や園地巡回等を行い、生産基準による高品質生産に取り組んでいます。品種は、「幸水(こうすい)」や「豊水(ほうすい)」のほか、消費者の多様な嗜好にあわせて早生系から晩生系まで色々な品種が栽培されています。樹上で完熟させてから収穫し、すぐに出荷販売することから、シャキッとした食感と爽やかな風味と甘さが特徴です。


浜ぶどう

浜ぶどう (品目:ぶどう

  • 産地:横浜市
  • 販売時期:8月上旬から9月中旬

セールスポイント

  1. 「浜ぶどう」は、横浜農業協同組合果樹部ブドウ班に所属する生産者77名が栽培した高品質な大粒ブドウです。主な品種は、超大粒で黒系の「藤稔(ふじみのり)」、果汁が豊富な赤系の「竜宝(りゅうほう)」、さわやかな甘みで皮ごと食べられるグリーン系の「シャインマスカット」です。
  2. 生産者は、栽培技術向上のための各種講習会、巡回検討会、品評会等に参加するとともに、栽培方法などを記録した生産履歴の販売前チェックなどを行い、安全・安心なブドウの生産・販売に努めています。
  3. 樹上でぎりぎりまで完熟、着色させ、もぎたての新鮮さとボリューム感のあるブドウを消費者に提供しています。

あさつゆ工房ジェラート あさつゆ工房ソフトクリーム

あさつゆ工房ジェラート、あさつゆ工房ソフトクリーム(品目:アイスクリーム類)

  • 産地:平塚市
  • 販売時期:通年

セールスポイント

  1. 湘南農業協同組合が、平塚市内の若手酪農家組織「角笛会」と協力して開発した地場産ジェラートとソフトクリームです。
  2. 搾りたてのミルクに近い味と安全な品質を実現するために、ミルクの低温管理や殺菌方法を工夫しており、濃厚でありながら後味がさっぱりしているのが特徴です。
  3. ジェラートは、湘南ゴールドなど四季折々の旬の地場農産物を使ったオリジナルフレーバーが楽しめます。

大磯マコモ

大磯マコモ (品目:マコモタケ)

  • 産地:大磯町
  • 販売時期:9月下旬から11月上旬

セールスポイント

  1. 「大磯マコモ」は、大磯マコモ研究会に所属する3名の生産者が栽培したマコモタケです。マコモタケはイネ科の植物で高さは2メートルほどになり、膨らんだ根元の白い茎の部分を食べます。
  2. 2013年から耕作放棄地の活用を目的に栽培に取り組み、大磯の土地にあう品種や栽培方法の検討を重ね、農薬を使わずに栽培する方法を確立しました。
  3. マコモタケは、淡白でほのかな甘みと、シャキシャキとした食感が特徴で、和洋中いずれの料理にもあいます。油との相性がよいので天ぷらやきんぴらにして食べるのがお勧めです。

ADOBE READERのダウンロードへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

^